HOME > 個人再生

個人再生

個人再生について

住宅ローンの負担がある上、その他の債務の返済に追われ、経済的に破綻している方。住宅ローン以外の債務を80%カットすることにより、住宅を手放すことなく、債務の整理が可能になります。

メリット

  • 住宅ローンを除いた借金総額を、利息制限法の定める上限利息(約18%)で計算し直し、引き直し後の借金総額を5分の1または100万円(いずれか高い額)まで大幅に減額することができる
  • 住宅ローンは従来どおり返済を続けられるので、住宅を持ち続けることができる。
  • 自己破産のような免責不許可理由がないため、借金の原因がギャンブルや浪費であっても、手続が可能
  • 資格制限がないためどんな職業の方でも、手続ができる

デメリット

  • いわゆるブラックリストに載り、5年から7年のローンが組めなくなったり、カードが作れなくなる。
  • 利用条件(将来反復・継続して収入があること、住宅ローン以外の借金総額が5000万円以下であること)がある
  • 手続が複雑な上時間がかかる結果、費用が高額となる

フローチャート

当事務所に来所・相談・依頼

受任通知および取引履歴の開示請求を各債権者に送付

利息制限法の上限利息への引きなおし計算

(過払いがあれば債権者に請求)

必要書類を準備

裁判所に民事再生の申し立て

再生手続開始決定・個人再生委員の選任
(裁判所によっては選任されないケースも)

個人再生委員と面談

再生計画案提出・債権の届出・債権者の意見聴取あるいは書面決議

再生計画の認可決定・再生手続きの終了

再生計画に基づく返済

費用総額

  • 個人再生の費用
    個人の場合  21万(税込) その他実費。
    事業者の場合 26万2500円(税込) その他実費。
  • 個人再生(住宅ローン特例利用)の費用
    個人の場合  26万2500円(税込) その他実費。
    事業者の場合 31万5000円(税込) 再生委員の予納金(15万円) その他実費。

注)上記の費用はあくまで目安であり、実際のケースによって多少の変動があります。

債務整理

無料相談

最新の事務所だより

rss

ページの先頭に戻る