山口市・防府市 | 司法書士法人・行政書士 相続・遺言 | やまぐち中央事務所

山口オフィス  ;083-932-0914
防府オフィス  ;0835-22-6533
フリーダイヤル ;0120-753-793
お問合わせ

【 相談受付 】月-金 9:00~18:00 / 土・日・祝日は要お問い合わせ

事務所だより

初日の出 in 鷲羽山

  • 2019年01月16日

元号が変わることから『平成最後の〇〇』とよく耳にします。
我が家も、『平成最後の初日の出』を見に行きました。
曇り予報で見れるかわからなかったのですが、娘を連れて見に行くのは初めてだったので、
少しでも見れればと願いながら真っ暗の中出発しました。
駐車場についた時は、日の出まで2時間以上あったのですが、たくさんの人がすでに集まってきていました。
展望台でおしるこを頂いて温まりながら今か今かと待っていると、空が黄金色に染まりだし、あっという間に姿を現してくれました。
    

寝るのが大好きな娘も「すごい綺麗だね、来てよかったね」と言ってくれたので、朝早く起きて見にきてよかったと思いました。
    
今年も一年よろしくお願いいたします。

      防府オフィス 加納
 

防府商工会議所新年互礼会

  • 2019年01月9日

1月4日(金)、防府商工会議所主催の新年互礼会に参加しました。

初参加に緊張していましたが、とても華やかな雰囲気で、あっという間の時間でした。

市内の多くの企業経営者が一堂に会し、防府を盛り上げていこうという勢いをひしひしと感じました。

私もその勢いにあやかって、今年一年が素晴らしいものになるように、頑張る決意を新たにしました。

 防府オフィス 中川

新年のご挨拶

  • 2019年01月1日

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。お蔭をもちまして弊所も無事新年を迎えることができましたことに感謝申し上げます。

昨年の弊所の取組を2つご紹介させて頂きます。

① 新事業「司法書士の相続アシスト」を立ち上げ、相続・財産管理について総合的なコンサルティング業務に取り組んで参りました。開催させて頂いた家族信託、相続セミナーは年間で30回を超え、セミナーにご参加頂いたお客様より家族信託・遺言書作成等数多くのご依頼を頂きました。問題発生を未然に防ぐ生前対策への関心が高まっていることを実感した年となりました。

② 評価制度(あしたのチーム)を導入し、全所員で取り組んで参りました。所員が少しずつ増えるなか社内整備の必要性を感じておりました。そこで所員が成長でき、やりがいをもって働ける組織となることを目指し導入を決意しました。所員一人ひとりが自ら目標をたて実践していく過程で、各所員のスキルは確実に向上し弊所を支える大きな力となっています。評価制度導入に伴い所員に負担がないわけではありませんが、評価制度を浸透させていくことで、組織力を磨き、より一層お客様から必要とされる事務所を目指して参りたいと思います。

今期は、司法書士5名(1名増えました)、行政書士1名、事務スタッフ8名の14名体制で業務に臨みます。「お客様の安心」のため全スタッフ一丸となり、より一層邁進して参ります。

本年もよろしくお願い申し上げます。

               スタッフ一同

忘年会

  • 2018年12月20日

2018年も残すところわずかとなりましたね。
この時期といえば忘年会シーズンです。
先日、当事務所でも忘年会が開催されました。

挨拶、乾杯と始まり
美味しいお酒と美味しい料理に
普段なかなか聞けないプライベートの
お話などで盛り上がりました!

「楽しんでおいで」と送り出してくれた夫も
帰宅した私の酔い具合に少し驚いていました。

気を引き締め、今後も頑張りたいと思います。

  山口オフィス 松田加奈

親への思い

  • 2018年12月12日

「日本のクリスマスは山口から」、12月の山口市は50近くの催しや取り組みが行われるそうです。どこへ出掛けてもイルミネーションが素敵な季節ですね。
ここ数日で、山口市もめっきり冬らしい寒さとなりました。

今年で10回目となる山口きずな音楽祭に、今回も市民クワイアとして歌の練習に宇部から通う母。
ル ヴェルヴェッツと共にステージで歌えるのを楽しみに、仕事の傍ら還暦を過ぎても元気でママさんコーラスへ通っています。たまにしか会ったり話もできませんが、母には不思議と知恵や元気をもらっています。

年を経ても、母のように好きなこともしながら仕事もできる環境にいることは贅沢かもしれませんが、私の理想です。
1番身近な親の存在を大切に、また恩返しもできるうちに、これからも色々なことを聞いておきたいと思います。

平成最後のクリスマス、母が歌うステージを聴きに行ってみようと思っています。

     山口オフィス 松田真理子

裸坊祭り

  • 2018年12月6日

11月24日に裸坊祭りに行ってきました。
裸坊祭は、防府天満宮で千年以上続けられている祭事で、白装束姿の裸坊が、「兄弟ワッショイ!」の掛声を上げながら、菅原道真公御着船ゆかりの地、「勝間の浦」(御旅所)までを往復します。
今年は1015回目だったそうです。

数年前に主人の職場で昼間に参加させてもらって、子供達も一緒に練り歩いた事はあるのですが、今年は初めて夜に出かけました。

重さ500キロある御網代輿が天満宮に戻って来て、58段ある大石段を上る所を見ようと階段下の場所にスタンバイ。
「せーの」の掛け声がかかったかと思ったら、あっという間にものすごいスピードで行ってしまいました。ビックリ圧巻でした。

いよいよ今年もあと1ヶ月をきりました。今年は暖冬で過ごしやすい日々が続いていましたが、週末はとても寒く、初雪も観測されるかもしれないそうです。
年末に向けて慌ただしくなりますが、お身体に気をつけてお過ごしください。

防府オフィス 内藤

チキンラーメン手作り体験教室

  • 2018年11月28日

ある朝、新聞の折込み広告の片隅に、私の好奇心をそそる一画を見つけました。
チキンラーメン手作り体験教室。
以前、友人が大阪にあるカップヌードルミュージアムで、親子で手作り体験をしてとても楽しかったと聞いたことを思い出し、私も子供も工場見学や体験が大好きなので、すぐに応募要項を確認し「当たりますように」とハガキを出しました。
当選ハガキが届き、娘と一緒に楽しみに当日を迎えました。

会場には見たことのない調理器具が並び、キャラクターの三角巾やエプロンが用意されていて、娘もワクワクしている様子でした。
今年はインスタントラーメンが発明されて60周年の年だそうで、チキンラーメンの歴史や栄養について等お話を聞いた後、子供たちが中心になって調理スタート。
小麦粉を手でこねるところから始まり、製麺機で子供たちが順番にハンドルを回しみるみるうちに生地は2メートルにも伸びました。
面を細く切り一食分ずつに小分けにして、チキンラーメン特有の麺の味付け。
だんだんと完成に近づきます。

型に詰めて卵ポケットを作り、瞬間油熱乾燥法という方法で揚げると、あっという間に丸いチキンラーメンが完成しました。
コーン、カニかま、魚ロッケ、ウインナー、フリルレタス等、20種類くらいのトッピングが用意されていて、皆思い思いのオリジナルの一品を完成させました。
自分のトッピングにはどんな栄養が含まれているかを学びながら、美味しく楽しくいただきました。

最後には、終了証とお土産をもらって全工程を終えました。
娘が、終始積極的に取り組み、良い表情で楽しんでいたのが印象的でした。
親子で貴重な体験ができ、有意義な一日を過ごすことができました。


 防府オフィス 坂林

第2回 社員旅行

  • 2018年11月22日

昨年から始まった社員旅行、今年は総勢26名で行ってきました。

1年の間に新しい仲間も増え、家族参加でワイワイガヤガヤの楽しい旅行でした。

今年は日帰りのバス旅行で、最初に西浦の倉重みかん園さんでのみかん刈り、次に美川ムーバレーでの昼食と冒険、次いで錦帯橋散策と岩国観光ホテルでの入浴に分かれ、最後に山賊玖珂店での夕食でした。

みかん刈りは当初天気が心配されましたが、当日は快晴でとても気持ちがよく、美味しい空気と一緒に食べるみかんは、より一層甘く感じました。

美川ムーバレーではボリューム満点のピラミッドカレーを頂いた後、子供達お待たせの冒険が始まりました。

ここは、閉山した鉱山を利用した謎解き脱出アトラクションです。
地図を見ながらのゲームで思いの外難しかったのですが、子供達は流石です!

勢いよく走りながら追い抜いて、次々に謎を解いていっていました。

山賊玖珂店での夕食は、土曜ということで大勢の人で賑わっており、クリスマスのイルミネーションもとても綺麗でした。

お腹がいっぱいになった帰りのバスは、急遽ヒッチハイクの大学生の若者2人が加わりました。

元気いっぱいの子供達にエネルギーを貰い、とても楽しい旅行でした。

   防府オフィス 藤井雅子

山口ゆめ花博閉幕

  • 2018年11月15日

今月4日に閉幕した山口ゆめ花博。
普段は見ることができない珍しい品種、山口県育成のオリジナル品種など
いろいろな花を見て楽しむことができました。

記念に…と、花の体験プログラムに参加してみました。
まず、ボンドで鉢に植物の種をくっつけて、自分だけのオリジナル植木鉢を作りました。
そして、山口県育成のオリジナル品目のユリ「プチシリーズ」の球根の植え付けを体験しました。
家に持ち帰ってから、毎日水をやり、日中は鉢を外に出し、朝晩は冷えるので室内へ移動し…開花がとても楽しみです。


ゆめ花博HPより
http://yumehana-yamaguchi.com/

これからの時期、山の紅葉もきれいですね。
今朝の香山公園です。

朝晩と日中の気温差があるので、皆様、体調管理に気をつけてください。

山口オフィス 田中

日本一の竹のコースターに乗りました!

  • 2018年10月31日

先週に引き続き、山口ゆめ花博の話題です。
先日、子供達が山口ゆめ花博に行ったのですが、シャトルバスで会場に着くのに2時間かかり、日本一長い竹のコースターに乗れなかったことが心残りだったようです。
そこで、今度は竹のコースターに乗ることができるよう、早い時間に連れていくことにしました。
竹のコースターに乗るには整理券が必要で、午前80人、午後80人の合計160人が1日の定員だそうです。
山口ゆめ花博は大人気ですし、渋滞の話を聞くと、週末だと一体何時に行けば整理券が取れるのか皆目見当もつきませんでしたが、土曜日当日は、朝の5時に家を出発しました。
6時より前に駐車場入り口に着くと、駐車場はまだ閉まっていましたが、数台の車が並んでいました。そして、会場入り口ゲートに行くと十数人の方が既に並んでおられましたが、整理券をもらうには十分な順番でした。それから3時間ほど開園を待ちましたが、少しずつ列が長くなっていき、開園1時間前の8時には既に何百人の人が後方に並ばれていました。(写真は、早朝の入り口ゲート付近です。)
開園時間になると、入り口から入ったところすぐに、竹のコースターや日本一のブランコ等の整理券が必要なアトラクションの看板を持ったスタッフの方がおられて、その前に並び移動して整理券をもらいました。そして無事竹のコースターに乗ることが出来ました。
竹のコースターの所要時間は十数秒程度でしたが、朝早く起きて日本一の竹のコースターに乗るという目標を達成できたという、登山に似たような達成感を味わうことができました。子供達も竹のコースターに乗ることができたということに満足したようです。

       山口オフィス  室

  • よくあるご質問
  • 費用について
  • お客様の声
  • 事例紹介

事務所だよりの一覧へ

アクセスaccess

山口オフィス

〒753-0083
山口市後河原28番地3
TEL 083-932-0914
FAX 083-932-0915

PDFマップ

Google map

防府オフィス

〒747-0037
防府市八王子一丁目23番4号
TEL 0835-22-6533
FAX 0835-22-6536

PDFマップ

Google map