山口市・防府市 | 司法書士法人・行政書士 相続・遺言 | やまぐち中央事務所

山口オフィス ;083-932-0914
防府オフィス ;0835-22-6533
お問合わせ

【 相談受付 】月-金 9:00~18:00 / 土・日・祝日は要お問い合わせ

SFCG元会長ら逮捕

昨年経営破たんした大手商工ローンSFCGの元会長らが、破たん直前に400億円を

超える資金等を、同族会社に流出したとして逮捕されました。

その同族会社もほとんど実体のない会社らしく、とんでもない話です。

民事再生法の趣旨も全く理解されていませんね。

本当に金融会社の社長だったのか疑いたくなる事件です

遺言の重要性

最近相続のトラブルに関する相談が増えてます。相続問題というといわゆる資産家

にだけ起こると考えがちですが、普通の家庭にも起こります。相続の問題は親族の

感情の問題です。そこに資産の多少は関係ありません。一番の問題はだれがどの

資産を取得するかという遺産分割の問題。民法上、法定相続分が決まっているので

、それに基づいて分ければいいと考えがちですが、不動産のように現実に分けること

ができないものは、結局相続人誰かが単独で取得するようになります。その単独で

取得する誰かを決めるのが遺産分割です。(理論上法定相続分で共有することは

可能ですが、以後の権利関係が複雑になる)

 遺産分割は相続人全員が同意して成り立ちます。多数決ではありません。相続人

の一人でも、反対すれば遺産分割は成立しないのです。成立しなければ、最終的に

は遺産分割の調停や裁判ということになります。 相続のせいで親兄弟間で争いが

起こるなんて、ある意味悲劇です。

 それを解消する手立てが遺言です。遺言であらかじめ誰が何を取得するのか、決

めれば、相続人間で醜い争いをする必要がなくなります。もちろん、遺留分の問題

等クリアしなければならないことはありますが、遺言者の意思が相続人に伝わるため

余計な争いをしなくて済む可能性が高くなります。遺言とは、遺産分割に遺言者の意

思を反映させ、相続人間の争いを防ぐ効果があります。親から子供への最後の愛情

表現といえるかもしれません。

債務整理の方針決定

先日新たに新規の債務整理を受任しました。依頼者は現在の債務残高を利息制限

法の上限利息に引きなおした上での債務を、将来利息を発生させずに分割弁済して

いく任意整理という方法を希望していました。

そこで「月にいくらなら返済可能ですか」と聞くと、「月2万円ならなんとか」というので

、その2万の根拠を尋ねると「なんとなく」ということでした。

家計の収支を把握せずに安易に任意整理するのは大変危険です。

月に最低かかる生活費を除いて、いくら余剰が生じるのかわからずに、弁済計画

など立てれる訳がありません。

当事務所では、最初から任意整理という方針を当て込んだ受任はしません。

受任後債権調査を経て、数か月家計収支をつけてもらい、正確な返済能力を把握し

た上で、最終的な方針を決定ます。結果、依頼者の希望した方針にならないこともあ

ります。しかし債務整理の目的は、債務を圧縮することではなく、依頼者の健全な生

活を取り戻すことです。この方針決定こそ、専門家としての能力が一番問われるとこ

ろだと思っています。

このスタンスだけは今後もブレることなく、頑張っていきます。

就職内々定取消に賠償命令

不景気を理由に就職の内々定を取り消された学生が、会社に対し損害賠償を命じ

た裁判で、福岡地裁は「労働契約締結の過程での内々定取り消しは信義則に反す

る」として、会社に対し学生へ195万を支払うよう命じました。

就職の内定の違法性に関する判決は初めてです。

関連記事
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E2E0E2E7838DE2E0E2E4E0E2E3E29180EAE2E2E2

  • よくあるご質問
  • 費用について
  • お客様の声
  • 事例紹介

事務所だよりの一覧へ

アクセスaccess

山口オフィス

〒753-0083
山口市後河原28番地3
TEL 083-932-0914
FAX 083-932-0915

PDFマップ

Google map

防府オフィス

〒747-0037
防府市八王子一丁目23番4号
TEL 0835-22-6533
FAX 0835-22-6536

PDFマップ

Google map