山口市・防府市 | 司法書士法人・行政書士 相続・遺言 | やまぐち中央事務所

山口オフィス  ;083-932-0914
防府オフィス  ;0835-22-6533
フリーダイヤル ;0120-753-793
お問合わせ

【 相談受付 】月-金 9:00~18:00 / 土・日・祝日は要お問い合わせ

事務所だより

個人民事再生と住宅ローン

個人民事再生には住宅ローン特則というものがあります。自己破産や通常の民事再生の場合、例え住宅ローンであっても、申立をする以上、他の一般債権同様、支払うことはできないのが原則です。この結果住宅ローン債権者は債務者の住宅に設定している抵当権を実行することにより、その住宅を競売にかけることになり、債務者は自宅を失うことになります。しかしこの住宅ローン特則を使えば、住宅ローンのみの支払いが可能になり、他の一般債権のみ大幅に元本カットすることができ、自宅はせめて残しておきたいという債務者の願望を叶えることができるのです。

しかしこの「自宅は残したい」という願望が厄介なのです。。これまで、数多くの債務整理を手掛けましたが、そのほとんどが月々の生活費の不足分を補うために消費者金融から借り入れをし、結果債務が膨らんだケースです。家計収入に見合わない、高額な住宅ローンを毎月支払い、そのしわ寄せが生活費の不足につながり、消費者金融から借り入れをする。そのような人が「自宅は残したい」という願望があるから、住宅ローン特則を利用して、民事再生をすることがベストなのでしょうか。今後収入が増える見込みがあるというならともかく、このご時世にそんな景気のいい話があるとは思えません。収入が変わらない以上、元の木阿弥になる可能性が非常に高いのです。債務整理の目的は債務者の生活を改善することで、自己破産も民事再生もその手段のひとつにすぎません。

本来の目的を見失わないよう職務を全うしたいものです。

  • よくあるご質問
  • 費用について
  • お客様の声
  • 事例紹介

事務所だよりの一覧へ

アクセスaccess

山口オフィス

〒753-0083
山口市後河原28番地3
TEL 083-932-0914
FAX 083-932-0915

PDFマップ

Google map

防府オフィス

〒747-0037
防府市八王子一丁目23番4号
TEL 0835-22-6533
FAX 0835-22-6536

PDFマップ

Google map